総合毛髪サロン「siesta」代表挨拶

代表挨拶

お客様が安心して通える、お客様が安心して任せられるお店を目指します。

私は以前、2社の某かつら会社に計12年間勤めておりました。
勤めていた頃、気になっていたのが販売価格の高さと、ウィッグ(かつら)の知識、カット技術の未熟さです。
お客様にどんなに喜んで頂いても高額だと長く続けるのが難しくなります。
高額のためローンでご購入されるお客様が多く、ローンのお支払いが終わらないまま製品の寿命、やっとローンが終わったと思ったら、担当者の営業…。「修理はできません…。」「修理代が高額になってしまいますが…。」など言われて、次のウィッグ(かつら)へ買い替えになってしまうことも…。断っているのに、来店の度に次々とあの手この手の営業…。

こんなご経験ありませんか?

かつらが高い理由は利益追求の考え方や派手な宣伝にかかる広告費に大きな経費をかけているからです。
知識や技術がないのは、ポリシーやプライドを持ったお客様目線のスタイリストではなく、日々のノルマや、売り上げに追われているサラリーマンだからです。

追い詰められる様な日々の中で考えていたことが、「利益追求型にしないで、お客様目線で安心して通っていただく」という基本的なことを徹底できれば、低価格で品質の良いウィッグ(かつら)を長くご提供できるのではないか?という事でした。

安かろう、悪かろう、ではいけません。ウィッグ(かつら)の品質を高めるだけでもいけません。
カットも重要なのです。どんなに高額で、品質の良いウィッグ(かつら)をご提供することができてもしっかりとしたカットをしないと、スタイルが造れなかったり、ウィッグ(かつら)の使用期間を短くしたり 、劣化を早めたりします。
会社によっては販売担当とカット担当が異なったり。来店の度に担当者が違ったり。
御店の都合上しょうがない事なのかもしれませんが店の都合は、お客様には関係ない事です。

私は、そのようなシステムに反対です。

なぜなら、自然さを求めるからこそ高額なオーダーメイドウィッグ(かつら)を御求めになっていると思うからです。
だからこそ、ご相談から最後のカット仕上げまでを一人のスタイリストが担当しなければいけないと思います。
一人のスタイリストが担当していれば、
言った、言わないなどのトラブルや、スタイルを創る上での、できる、できない、意思の疎通が出来てない、気持ちがこもらない、
お客様が求めている肝心な部分を見落としてしまう。といったトラブルも無くなると思っております。

お客様が安心して通える、お客様が安心して任せられる、そして、良いものを安心して末永くご提供させていただく。
そんな店にしていきたいと思っております。


店舗方針
・デメリットを必ず説明する(不安にさせてしまったら申し訳ありません。)
・高額修理、または修理を断って、新しく購入していただこうということはしません。(修理出来ないウィッグも有ります。)
・説明や提案はしますが、基本的にしつこい営業はいたしません。
・各金額は随時変動します(消費税の変更、仕入れ価格の変更など)
・連絡をいただいても、よほどの理由がない限りこちらからは連絡しません。
・個人情報は必要最低限しかききません。
・電話は個人名を名乗ります。宅配便でも個人名を使います。
・「新しくする」「修理に出す」「定期的に通う」メリット、デメリットございますが、基本的に「お客様に決めていただきたい」 と思ってます。
・安くて良いものを提供できる様に頑張ります。
・正直にはっきりと物事を伝えるように心がけてます。なので失礼がありましたら申し訳ありません。

↑ PAGE TOP